海外産木材のメリット

輸入材のよい点は、流通量の多さです。日本は国土の約7割が森林という森林大国ではあるものの、木材の自給率は約4割ほど。それだけ輸入材が占める割合が多いのです。手に入りやすいのでそれだけ価格も安く、欲しいときに欲しい形状のものがすぐ手に入るというのは大きなメリットなのです。また、種類が多いというのもメリットの一つです。アカシア、ホワイトウッド、ウォルナット、オークなど様々な木材があるため、好みのものを見つけやすくなっています。中には国産材と似た性質を持つものもあり、例えばレッドシダーは杉材と特徴が似ていることから、代替品に使えるということで輸入されています。逆に、チークやローズウッドなど熱帯雨林に生える木など、国産材にはない特徴を持つ木材もあります。

知っておきたい輸入材のデメリット

輸入材のデメリットとして押さえておきたいのが、腐敗、変形、ひび割れ、そして健康被害のリスクです。まずは腐敗。日本以外の国で育った木材は、日本の湿気が多い環境では腐ってしまうことが少なくありません。また、輸入材は国産材より大きく育つため年輪が大きくなり、それだけ乾燥によって変形してしまうリスクが高くなります。また遠い海外から輸入する過程でひび割れが生じてしまう可能性も。当然ですがひびが入れば住宅用木材としてはほとんど使うことができなくなります。最も注意したいのが薬剤による健康被害です。輸入による腐敗や傷みを防止するための薬剤が、住宅になっても残ってしまうことがあるのです。防腐処理や消毒処理については公表する義務がないため、確認できないのも大きな懸念点です。

新築一戸建てを建てる前にやっておいたほうがよいことは、モデルハウスの見学です。最新の設備や建築技術や内装など参考になることがたくさんあります。