輸入材で造る住宅には高温多湿な環境に適さない部分がある

輸入材注文住宅を建てる際には、日本の風土に建材が適さない可能性があることを意識しておきましょう。四季の移り変わりによる温度差や、梅雨などの湿気が多い時期が存在する日本には、輸入材では対応できない部分があるのです。スギなどの日本の木材に比べると、劣化が激しい部分があるのも否めません。長い目で見ると、国産の木材で造られた家屋の方が優れた耐久性を誇る部分もあるのです。

耐久性と同様に、健康被害を生じる可能性があるのも、輸入材を用いた住宅建築では無視できない部分となります。原産国次第では、輸入の際に長き亘る船旅を強いられることも珍しくありません。有害な防腐剤を塗布した上で輸入するケースも少なくないのです。

間取りが限定されていたり広い敷地が必要だったりすることがある

輸入材注文住宅を建てる際には、決められた間取りを強いられたり、広い敷地を要したりすることも有り得ます。西欧諸国では、広大な敷地での住宅建築が当たり前となっている部分もあります。広いスペースを前提とした外観や間取りを備える住宅も少なくないのです。輸入材注文住宅を建てる際には、立地に相応しいものであるかを検討しておく必要があります。

敷地の広さ同様、家屋のデザインについての検討も欠かせません。宮殿のような家屋を造り上げるにしても、近隣の景観との違和感が生じてしまっては、日々の暮らしに良くない影響を与えるでしょう。敷地の広さだけではなく、家を建てたいと考えるエリアに適したデザインであるかの検討も大切です。

一戸建て住宅は、両隣や上下階の住人の存在を気にせずに暮らせるのがメリットです。管理費や修繕積立金や駐車場代などがかからないというメリットもあります。