日本の風土に合う国産材の魅力

夏は高温多湿、地震や水害などの自然災害も多い日本。そんな日本において、国産の木材を使用し家を建てるということは日本の風土に合った木材で家を建てるということになります。木は呼吸をしていて、湿度を調整してくれます。国内で育った木は日本の四季に馴染んでいるので、輸入された木材よりも腐敗しにくくなっています。また、輸入材と違って輸送に時間がかからず木材のダメージが少ないというメリットもあります。国産材を使うことによって、木を植え育てるために森林が整備され管理が行き届くようになり日本の山が守られます。山が管理されれば、土砂災害の防止にも役立つでしょう。国産材を使うと地域の経済の活性化はもちろん、日本の環境を守ることにも繋がります。

安心して暮らせる家造り

健康志向の高まりにより自然素材が注目されていますが、木材も例外ではありません。ホルムアルデヒドなどの化学物質を使わない木材などを使用しシックハウス対策が施された家を建てるには、国産材を使った注文住宅がおすすめです。国産材の中には、伐採方法や乾燥方法などを工夫した自然素材がたくさんあります。構造や工法の工夫により、国産材の木造家屋でも充分な耐震性を備えています。また、白アリに強いヒノキや加工しやすいスギなどを組み合わせることによって、安心で安全な家造りが可能です。木材には自然が生み出した木目の美しさや触り心地の良さ、リラックス効果もあると言われています。家族が健康で暮らせる家を建てるには国産材を使ってみてはいかがでしょうか。